sugulogの日記

Rubyの基礎文法、配列を学ぼう!配列の追加、取得、変更の仕方!!

スポンサードリンク

f:id:sugulog:20200909150046p:plain
こんにちは、すぐるです!

sugulogをお読みいただきありがとうございます!!

このブログは、「 過去の無知な自分に向けてわかりやすく説明するなら?? 」を基準に書いています。

少しでもお役に立てれば幸いです。

 

今回は、Rubyの基礎文法として

  • 配列

について簡単に解説します!!

その為このブログを読むことで、配列について理解できるのはもちろん、配列の追加、取得、変更の仕方まで押さえることができます。

是非最後までご愛読ください。

 

今回は、

  • 配列

  • 配列の追加

  • 配列の取得

  • 配列の変更

について順番に解説していきます。

では早速、配列についてみていきましょう!!

・配列

複数の値を1つの変数で管理することができる値のこと。[ ](角括弧)で囲い生成する。

配列を使うことで、より値を簡単に管理することができます。

実際にみてみるのが早いということで、実際にみてみましょう!

f:id:sugulog:20200909021310j:plain

ここで大切なのは、配列というものは要素を添字で管理、つまり0からの番号で管理しているということです!

1からではなく、0からなので要注意です!!

ではここからはそんな配列の追加、取得、変更についてみていきましょう。

・配列の追加

配列を追加する際は、<<という記号を使います。

先程の配列を使うと、fruits << "バナナ"と記述できます。

このように記述することで、先程定義したfruitsという配列の1番後ろに要素として追加することができます。

またこのように配列に対し、様々な処理を行う演算子を配列演算子といいます。

・配列の取得

取得としてはputs fruitsと記述することで、配列の中の要素全てを取得でき、リンゴ、メロン、スイカと出力されます。

しかし配列の全てではなく、リンゴだけ、メロンだけ、スイカだけ取得したい場合はどのようにすればいいでしょうか??

その答えは添字を使います。

puts fruits[0]のように、配列の変数名[添字]で取得することができます!

因みに上記の場合は、リンゴが出力されます!!

・配列の変更

配列を変更する場合は、配列の変数名[添字] = 値で変更できます。

先程の配列を使うと、fruits[1] = "ミカン"と記述することで、配列の中のメロンがミカンに変更されます。

 

では今回の復習問題です。

以下のようなコードがあります。

f:id:sugulog:20200909142305p:plain

この時、①と②と③で表示される値を答えなさい。

答え

バスケットボール 追加した要素は配列の1番後ろに追加される

ソフトボール 添字2番、つまりラグビーと変更されたソフトボールを出力する

サッカー 野球 ソフトボール バスケットボール ラグビーソフトボールの変更、バスケットボールの追加が行われている

もしわからないところがある場合はもう1度、今回のブログを読み直し自分のものにしましょう!

因みにputs sports[0, 1]のように添字を複数記述すると、サッカー、野球というように複数の要素を取得することもできます!!

 

以上、今回のブログでした。

配列について理解できるのはもちろん、配列の追加、取得、変更の仕方まで押さえることはできましたか??

配列はRubyの中でもかなり重要な文法なので、頭に擦り込むぐらい今回のブログを読んでください(≧∀≦)/

 

最後に!!

今後も、「 過去の無知な自分に向けてわかりやすく説明するなら?? 」を基準にブログを書いていきます。

少しでも気になった方はお試しでもいいので1度、読者登録お願いします!

またTwitterでもプログラミングに関することを中心に情報を発信してます。

宜しければそちらのフォローもお願いします。

最後までご愛読いただきありがとうございました!!