sugulogの日記

Rubyの一問一答!こんな時どうすればいいの??

スポンサードリンク

f:id:sugulog:20200911173918p:plain
こんにちは、すぐるです!

sugulogをお読みいただきありがとうございます!!

このブログは、「 過去の無知な自分に向けてわかりやすく説明するなら?? 」を基準に書いています。

少しでもお役に立てれば幸いです。

 

今回は、こんな時どうすればいいの??ということで

  • Rubyの一問一答

を記述していきます!!

その為このブログを読むことで、Rubyのどうすればいいの?が解決されるのはもちろん、何か困ったときのカンニングペーパーとして参考になること間違いなしです!

また、新しいRubyの一問一答に出会うたびに追記していきます!!

是非最後までご愛読ください。

 

Rubyの一問一答

Rubyの一問一答に出会った順に書いてます。

四六時中イスに座り、足の筋肉を犠牲にしながら学習した思い出順なのでご了承ください。

・要素数がわからない配列の最後の値を取り出す方法は?

配列の変数名[配列の変数名.length - 1]

lengthメソッドは1から数える。添字は0から管理する。そのため-1する。

・コンソールで入力された値を配列で管理する方法は?

配列の変数名 = [ ] 

配列の変数名 << gets.chomp(文字列の場合) gets.to_i(数値の場合)

空の配列を用意する。その後、gets.chompで入力させると同時に追加する。

・ある処理が行われた時に、カウントを1増やす方法は?

変数名 = 0

(ある処理のコード)

変数名 += 1

変数0を用意し、ある処理の下に自己代入演算子を使い+1していく。この結果、ある処理が行われるごとに変数に+1されていく。

・コンソールで入力された値をハッシュに入れてから配列で管理する方法は?

配列の変数名 = [ ] 

ハッシュの変数名 = { }

ハッシュの変数名[:追加したいキー] = gets.chomp または gets.to_i

配列の変数名 << ハッシュの変数名

空の配列、ハッシュを用意する。その後、gets.chompで追加したいキーとバリューをハッシュに追加する。そして、配列に追加する。

・ある処理を選択させ、その処理を行った後にまた選択させる処理を繰り返し行う方法は??

f:id:sugulog:20201025171814p:plain

 whileの条件をtrueにすることで永遠に繰り返し処理を行うことができる。後はwhileの中にif文を使い選択させる処理を記述する。また選択肢の中にexitを入れておくと、処理を終了させることができる。

 

以上、今回のブログでした。

何か困ったときのカンニングペーパーとして参考になりそうでしたか??

これからもどんどん知識を蓄えていきますね(≧∀≦)/

 

最後に!!

今後も、「 過去の無知な自分に向けてわかりやすく説明するなら?? 」を基準にブログを書いていきます。

少しでも気になった方はお試しでもいいので1度、読者登録お願いします!

またTwitterでもプログラミングに関することを中心に情報を発信してます。

宜しければそちらのフォローもお願いします。

最後までご愛読いただきありがとうございました!!