sugulogの日記

Gitコマンド一覧。現役エンジニアが今まで使ったことのあるGitコマンドを集めてみました。

スポンサードリンク

f:id:sugulog:20201103224118p:plain
こんにちは、すぐるです!

sugulogをお読みいただきありがとうございます!!

このブログは、「 過去の無知な自分に向けてわかりやすく説明するなら?? 」を基準に書いています。

少しでもお役に立てれば幸いです。

 

今回は、Gitコマンド一覧ということで

  • Gitコマンド

について簡単に解説します!!

その為このブログを読むことで、Gitコマンドついて理解が深まるのはもちろん、何か困ったときのカンニングペーパーとして参考になります。

是非最後までご愛読ください。

 

今回は、

・Gitコマンド

の順で解説していきます。

では早速、みていきましょう!!

 

・Gitコマンド

・git add 

変更したファイルをインデックスに追加しGit管理の変更修正記録の対象とするコマンドのこと。git add .と実行することでインデックスに登録できる全てのファイルを一度に追加することもできる。

・git clone 

リポジトリをクローンするためのコマンドのこと。主にリモートリポジトリをクローンして自分開発用にローカルリポジトリを作るために使用する。

・git commit 

インデックスに追加された変更修正をリポジトリにコミットするコマンドのこと。オプションの-mを使用することでどんな変更を行ったかのメモを残すこともできる。

・git init

リポジトリを新規に作成するコマンドのこと。

・git log

コミット履歴を表示させるコマンドのこと。

・git push 

ローカルリポジトリでのコミットをリモートリポジトリの対象ブランチに反映させるコマンドのこと。

・git remote

リモートリポジトリに関する処理を行うコマンドのこと。addでリモートリポジトリの追加、rmでリモートリポジトリの削除、-vでリモートリポジトリを一覧表示する。

・git revert

特定のコミットを削除するためのコミットを作成するコマンドのこと。

・git status

作業ディレクトリでの現在の状態を表示するコマンドのこと。

・git --versiton

gitのバーションを確認するコマンドのこと。

 

以上、今回のブログでした。

Gitコマンドついて理解が深まり、何か困ったときのカンニングペーパーとして参考になりそうでしたか??

全てを覚えきるのは難しいのでカンニングペーパーとしてどんどん活用してください。

今回のToDo

より詳しく知りたいGitコマンドを1つ選び、さらに詳しく調べてみましょう(≧∀≦)/

 

最後に!!

今後も、「 過去の無知な自分に向けてわかりやすく説明するなら?? 」を基準にブログを書いていきます。

少しでも気になった方はお試しでもいいので1度読者登録お願いします!

最後までご愛読いただきありがとうございました!!