sugulogの日記

開発お助けツール!Git、GitHubの操作一覧!!

f:id:sugulog:20201103224118p:plain
こんにちは、すぐるです!

sugulogをお読みいただきありがとうございます!!

このブログは、「 過去の無知な自分に向けてわかりやすく説明するなら?? 」を基準に書いています。

少しでもお役に立てれば幸いです。

 

今回は、開発お助けツールということで

について簡単に解説します!!

その為このブログを読むことで、Git、GitHubの操作についての理解が深まるのはもちろん、何か困ったときのカンニングペーパーとして参考になること間違いなしです!

是非最後までご愛読ください。

 

Git、GitHubの操作

Git、GitHubの操作に出会った順に書いてます。

数々のデータを犠牲にし、虚無感と友達になりながら学習した思い出順なのでご了承ください。

 ・brew install git

Homebrewを用いてgitをパソコンにインストールする。

・git --versiton

gitのバーションを確認する。

・git init

新たにGitで管理したいディレクトリで実行するとローカルリポジトリで管理できるようになる。

・ls .git

Gitで管理されているかどうかを確かめる。

・git status

インデックスに登録できるかどうかを確認する。

・git add ファイルorディレクトリ名

インデックスに追加して変更修正記録の対象とする。git add .で実行すると、インデックスに登録できる全てを一度に追加できる。

・git commit -m "変更内容"

インデックスに追加された変更修正をコミットする。オプションとして-m(コミットメッセージ)があり、どんな変更を行ったかのタイトルやメモを残せる。

・git log

コミットの履歴(ログ)を表示させる。

・git remote add リモートリポジトリ名 リモートリポジトリのURL

ローカルリポジトリにリモートリポジトリの情報を付与して紐付けを行う。リモートリポジトリ名ではoriginとするのが一般的である。

・git push リモートリポジトリ名 ブランチ名

ローカルリポジトリでのコミットをリモートリポジトリの対象ブランチに反映させる。

・git clone リモートリポジトリのURL

アプリケーションのローカルリポジトリとして他の人のリモートリポジトリ内のディレクトリをダウンロードすることができる。大元の人にリポジトリのCollaboratorsに追加されることでpushできるようにもなる。

・git revert コミットID

コミットを打ち消すコミットを生成する。その結果、誤りであるコミットを打ち消したコミットの記録が残る。コミットIDはgit logで取得できる。

・git remote

リモートリポジトリを確認できる。

・git remote add リモートリポジトリ名 リモートリポジトリのパス

フォーク元のリポジトリをリモートリポジトリに追加する。

 

以上、今回のブログでした。

Git、GitHubの操作についての理解が深まり、何か困ったときのカンニングペーパーとして参考になりそうですか??

これからもどんどん知識を蓄えていきますね(≧∀≦)/

 

最後に!!

今後も、「 過去の無知な自分に向けてわかりやすく説明するなら?? 」を基準にブログを書いていきます。

少しでも気になった方はお試しでもいいので1度、読者登録お願いします!

またTwitterでもプログラミングに関することを中心に情報を発信してます。

宜しければそちらのフォローもお願いします。

最後までご愛読いただきありがとうございました!!